もれれの一口馬主ライフ〜ノルマンディー魂編〜

ブランメジェールが初勝利を持ってきてくれました

●プロフィール
名前:もれれ 職業:サラリーマン
2016年よりノルマンディーオーナーズクラブの馬に出資中!
ノルマンディーオーナーズクラブ様より所属馬の画像並びに情報の転載許可を頂いております。



ラグランドルー引退…

毎年何頭も3歳9月を待たずに抹消されるのは知っていつつ、いざ自分の出資している世代の馬から出ると何とも言えない気持ちになりますね。



この気持ちに区切りをつけるには新しい馬に気持ちを寄せるのもひとつ。

ワラウカドの募集馬検討です。

今日はコレ。


●タイキクラリティの15
iwyPusoA1t7v_Tp1488885818_1488885843

父:オルフェーヴル 母:タイキクラリティ

まずは血統面から
32

血統を見て目につくのはサンデー系×サンデー系の強いインブリード。欧州でも今は当然のようにノーザンダンサー系×ノーザンダンサー系は見ますが、3×3のクロスはやや濃いめのクロスとなります。
まずはサンデー系×サンデー系の配合は勝ち上がり率は16%。うち、3×3のクロスを持つ馬はを調べて見たところ、中央で2勝以上してるのはキョウヘイ、バルダッサーレ(地方移籍、東京ダービー勝利)それ以外は2000万以下の獲得賞金となってます。
母系はマル外としてクリスタルカップなど制したタイキダイヤを祖母に持つ血統。タイキダイヤの上にはNHKマイルの初代覇者のタイキフォーチュンがいます。今ってどうなってるかわかりませんが、もともと大樹レーシングって海外に牧場を持っており、良質な血統の繁殖を抱えてたので走るマル外をどんどん輸入してました。タイキシャトルを日本に連れてきてくれたのは日本競馬界にとっては大きなことだったと思います。

さて、話は逸れました。タイキダイヤ自体は目立った繁殖成績を残せませんでしたが、初子のタイキクラリティはG1馬のクラリティスカイ(父クロフネ)を輩出。その上のクラリティシチー(父キンカメ)も中央で3勝、OP勝ちとかなり繁殖成績のいい馬です。キンカメ、クロフネ産駒が走るなど、種牡馬の系統が変わっても走っているのは好材料。どっちも非サンデー系です。その下のサンデーの3×3を持つフィールドシャルムはパッとしなかったです。今回父はオルフェーヴルになり、種牡馬としてのスケールはひとつ大きな馬を迎えることとなりました。
サンデーのクロス以外にノーザンテーストのクロスを持つので成長に奥行きに期待。

scl_1065e1ea43f73e0055d5300a838be369_r
 
馬体面ですが、胴は平均〜やや長め、繋ぎも平均的。やや短めな印象もありますが動画の立ち姿を見ると普通です。馬体としてはクラリティシチーよりもクラリティスカイに似た印象があります。まだ体つきが幼いのと冬毛に覆われているので絞れて筋肉の様子が見えるようになるとガラッと印象変わりそう。後ろ足はクラリティスカイより短い。トモはこれから鍛えていく部分ですね。ボリュームはあります。飛節はまっすぐです。

be4a3ad2c097d52195337f6a687274c0

父オルフェーヴルの募集時。毛色、撮影時期が違うので参考程度に。
やっぱり後ろの力強さはディープとは違う、すごい。




歩様を見てましたが綺麗です。
もともとセレクトセールで6000万から始まって7500万で主取り。それから比べるとかなり募集額が抑えられてますね。セレクトセールの価格はおかしかった…当時はクラリティスカイがNHK勝った直後でしたからねー。

今は冬毛でコロンとした見た目。馬格はあるので暖かくなってどう見栄えが変わっていくのか楽しみです。

7500万で募集されてたら正直売れなかったと思いますがその半分の価格、ディープは買えないけどこっちならとの思いはありますよね。

サンデー系×サンデー系の配合でキョウヘイ、バルダッサーレが去年〜今年にかけて出てきたのは好材料。今後代を重ねることでサンデーのクロスは間違いなく普通になっていくと思います。クロスによってどんな特徴を持つ馬が出てくるのか。

また、オルフェーヴル産駒の初年度です。将来今のディープから世代交代でリーディングを取れる素養はある種牡馬だけに、初年度の価格はむしろ安かった、なんてことは十分起こりうる可能性もありますね。馬券と一緒で、安く買うなら今、なのかそれは未来から来た人にしかわかりませんw



ステゴ牝馬は取り扱いがーなんて言われ方をしました。"あの"オルフェの牝馬です。
どんなじゃじゃ馬なのか。今から楽しみですね。 




なんだかんだ気になったのでワラウカドの募集馬について検討してみました。
(結構投げやりw)

第1弾はこれ

●ラヴアンドバブルズの15

a9192010-41fa-5772-9124-d504d807e5da

父:ディープインパクト 母:ラヴアンドバブルズ

09

まずは血統面。
母系の4代母のバブルカンパニーの母系からバブルガムフェロー、ザッツザプレンティ、マニックサンデーなどの重賞馬が出ています。そんな血統背景も相まって、母系のボトムラインは全頭海外で生産されたにもかかわらず日本に輸入されています。ラヴアンドバブルズもアメリカで生産され、繁殖として輸入された馬になります。
バブルガムフェロー、ディープインパクトは共に母系にリファールを持つサンデーサイレンス産駒の成功例。その成功例2頭の組み合わせの配合ですので面白い配合?です。

母父はネヴァーベンド〜リヴァーマンの系統。ディープインパクト(orサンデー系)との相性はいいと思います。全兄弟はダービー馬の下なので過剰な期待が寄せられ、その期待ほどは走っていないという点ではあまり評価されてませんが、単純に勝ち上がり率だけいうと、80%を超えてますので、一定水準以上の馬をコンスタントに出せる血統だと言えそうです。

少し遠くなりますが、サンデー系×ネヴァーベンド系の組み合わせの活躍馬としてはトウケイヘイローやエキストラエンド、ダノンシャンティ、骨折してしまったスマートギアなど中距離での活躍が目立つ組み合わせですね!

本場はダービー馬の全弟。期待は大きいですし、新装クラブの目玉としては十二分な馬ですね。



scl_f8f7a03b8f0ff381d6cf15d62466cb4c_r-2


馬体面
若干胴長、つなぎも微妙に立ち気味ですが問題なく許容範囲。
飛節はうーん、ラインの引き方では直飛節に見えなくもない。でももっと直飛節な馬はいるしな。

ちなみに兄貴(募集時)はこんな感じ
20130517172018501

兄貴の方が繋ぎが長くクッションが効きそうな感じ。いい馬体してる。
飛節とかは似てるんだけどサトノダイヤモンドとかはもっと飛節曲がってるんですよねぇ。





厩舎は矢作厩舎。

色々と条件は揃ってますね。

この馬にかける思い(走ってほしい、売れてほしいなど)は大きなものがあると思います。


 


勝ちきれませんなぁ。

出資馬ブランメジェールが土曜日の中山2Rに出走。

阪神競馬場まで映像を見に行ってきました。

前走のリプレイを見ているかのようにゴール前できっちり捕らえられての2着でした。

完璧に目標にされてしましましたね。




悔しいけれどこれも競馬。




これで賞金は入ってくるのですがから馬主孝行のいい馬ということにしておきましょう。

なんとなく焦る気持ちはあるのですが、

勝ちタイムは同じ日の古馬500万条件戦より速く後続も4馬身離してるので次こそは!

上のクラスでも十分やれる可能性があるのでなんとか春先には未勝利を脱出したいところ。

課題の気性面は相変わらずですが、先行して気持ちよく進めらている現状、そこまで問題にはなっていない様子。



次が楽しみです。



で、ブランメジェールを見届けた後は、昼過ぎから仕事だったので6Rまで競馬観戦。

6Rにはノルマンディーのプラチナムバレットが出走。

DSC_1018



落ち着いてました。ある意味マイペース。



DSC_1114


DSC_1174


直線、ロスなく内から進出


DSC_1178

DSC_1179

逃げるラントシャフトを交わしに行くも外の陽気なイタリア人の馬もしぶとい。





結果、こちらも2着。

ディープ産駒にキレ負けする形となりましたが、相手は前走G1で人気していた馬。

この馬と五分に勝負できてるんでOP入りも間も無く、でしょうね。



その後は

大黒さんの競馬場観戦企画に冒頭だけ参加して

チューリップ賞のおすすめ馬をエントリーチケット!と高らかに宣言してソッコーで帰りました。









エントリーチケットは出走してたんですかね笑




とゆう感じの土曜日でしたあー。







このページのトップヘ