もれれの一口馬主ライフ〜ノルマンディー魂編〜

ブランメジェールが初勝利を持ってきてくれました

●プロフィール
名前:もれれ 職業:サラリーマン
2016年よりノルマンディーオーナーズクラブの馬に出資中!
ノルマンディーオーナーズクラブ様より所属馬の画像並びに情報の転載許可を頂いております。



メルセダリオ15評価



こんなキーワードでググってこのブログにたどり着いてしまった輩がいるようだ。

アクセス解析でバレバレだぁ!




残口少なって焦ってるかな?ん?んっ?




わかりました、メルセダリオ15 ロワセレストの評価をまとめてみましょう。




●メルセダリオ15評価

メルセダリオの初期の評価はココ

繋ぎガーとかゆーてますね。おそらくこの時はルーラー産駒のダート適性が今ほど明らかになってなかったので心配してたんだと思います。

僕の場合、結局1月初めに出資を決めたんですが、出資の決め手は年末にルーラー産駒が数頭、相次いでダートで勝ち上がったこと。

キンカメはダート適性もある万能種牡馬。その子がダートの適性を持ってても何ら不思議ではないですし、このロワセレストがダート馬になったらなったでいいと踏んだからです。

むしろ、これだけトモの肉付きがいいのでダートも十分こなせると思ってます。




先日の記事でも取り扱ったルーラー×サンデーの配合を調べてる中で、印象としてはルーラー×非サンデーの産駒はダートでの勝ち上がりが多い印象を受けました。

これは比率としては出してはいませんのであくまで印象。

非サンデー配合ですでに2勝したグランドディアマンはダートでの勝利です。

それと、加えてルーラー産駒の特徴をひとつあげるならば、ノーザンダンサーのクロスを持っていない馬はほぼ芝でしか勝ち上がっていないとゆうこと。

ノーザンダンサークロスなし
38頭デビュー→11頭勝ち上がり うちダート1勝

ノーザンダンサークロスあり
46頭デビュー→13頭勝ち上がり うちダート5勝

まだまだサンプルは少ないですがこーゆう特徴がありました。



とゆうところを踏まえてロワセレストの血統を見てみると...ダイナカール≒アンデスレディーのニアリークロスがあるので当然ノーザンダンサーのクロスもあります。



詳しい血統はネッツ競馬か何かで探して見てください。




とゆうわけで、どっちでもいける可能性はある、潰しがきく馬かもしれないと思ってます。





そうゆう背景をふまえて近況のまとめ


'16/9/30
昼夜放牧
雄大な馬体

'16/10/31
まもなく馴致
動じない精神的なタフさある

'16/11/30
左前の爪を傷めて2週間休養

'16/12/28
7日から騎乗運動開始
坂路2本キャンター
我が強い面
併走馬を追い抜く前向きさ

'17/1/31
左前の爪に砂のぼり
3週間放牧
27日から騎乗再開
坂路2本キャンター

'17/2/15
坂路2本キャンター
ハミに反発する面

'17/2/28
17日左前跛行で休養
パドック放牧



まとめてみて感じた事はまともに調教を長期にわたってこなせてないのと、すべて左前脚のトラブルとゆうこと。

ぶっちゃけ、12月頭の騎乗開始時期も遅れてますし、それ以降も2回の怪我。調教できている時間と休んでる時間がほぼ一緒とゆう...。

正直、まとめながら思わず大丈夫かよと思ってしまいました笑。





とゆうわけで、

現在の評価は割と順調さを欠いてる。

てな感じですかね、、、、



ちゃんと身銭を切ってる馬なので、ちょっとしたマイナス要因も10倍増しのダメージとして感じる補正がかかってるかもしれせん。



その逆でヴィアプラドなんかは順調なので色眼鏡で見てる危険性も。


ロワセレストに関しては休養後はデビューに向けて、怪我なく成長してくれさえすれば多少デビューが遅れてもなんとかなると思ってます。



よっぽど気になる人は様子見すべきでしょうしこの遅れが気にならなくて、ご自身の欲しい馬の像と一致するのならGo!!だと思いますYO!!





とゆうわけで、ロワセレストの評価、でした。



他の馬も時系列で見てみないとな...。





高額請求ドーーーン!





おにゅークラブのワラウカドの記事書くと思ったそこのあなた!

書きません←




他のブロガーの方にお任せします。

個人的にはにんじんサンデーさんのブログが詳しくわかりやすく、気づかなかったところまで丁寧にまとめてあったのでとても参考になりました。

手数料のパーセントが違うの知らなかった...





みなさんがワラウカドに夢中になってる間、



20170228


もふもふちゃん♫

ヴィアプラドの近況が更新されました。

今のところ後ろ向きなコメントは出てなくポジティヴなコメントばかり。

早く動画で動きを確かめて安心したいところ。


その動画次第ではもう1口、も考えてます。






正直、ここで今年の出資は打ち止めかな。

なかなかきになる馬が残口残ってないんですよね。

夏ぐらいにガラッと動きがよく見えるアリンナみたいな馬が出てきたらまた考えますが

出てくるのかなー?





 とゆうわけでワラウカドクラスのハイクオリティな動画よろしくお願いします

 
    このエントリーをはてなブックマークに追加



「ルーラーシップは母系にサンデーサイレンスが入ってる馬が勝つ」

「ルーラーは母系にサンデーが入ってないとダメ」









気になったので調べて見ました。

netkeibaに登録されている父ルーラーシップ産駒は現在2世代で271頭。

うち母系にサンデーの血を1本以上持っている馬は213頭
母父41頭、母父父121頭、母父父父0頭、母母父46頭、母母父父3頭、母母母父3頭 
うち、1頭は母系にサンデーのクロスを持っていて重複カウントしているので合計213頭です。

割合にして実に78.5%の馬がルーラーシップとサンデーの血を両方持っていることになります。

すげー割合だな。





これに対して今日までに中央で勝ち上がったルーラー産駒は24頭

うち、サンデーの血を持たない馬は4頭いました。

つまり、サンデー保持馬の占める割合は21頭/24頭 83.4%



その差単純に約5%程度。




サンプル数が少ないのでなんともな部分はありますが、皆さんの想像と比較してどうですか?

僕の率直な感想としては「言うほど差なんてないじゃん」って感想です。





サンデーを持たないルーラーシップ産駒の数が少ない中で、4頭勝ち上がっている。

うち1頭はすでに2勝。

今日イブキが勝ったので2勝馬は合計5頭ですが、うち1頭が非サンデー。




単純な割合だけで言えば、全く劣らない数字で推移してると言ってもいいんじゃないですか?








なので、ロワセレスト各位。

ナスカも勝ち上がったし、サンデーがなくても大丈夫だとわかった今、

安心して大丈夫。








大船に乗ったつもりでデビューを待ちましょう。
(ルーラーシップだけに)

このページのトップヘ