もれれの一口馬主ライフ〜ノルマンディー魂編〜

ブランメジェールが初勝利を持ってきてくれました

カテゴリ: 近況報告





















ブランメジェールが今日の未勝利戦を先頭で駆け抜け初勝利。

記念すべき一口馬主としての初勝利となりました。




 ノルマンディーへの入会を決めた馬で初勝利を挙げられて良かったです。




力はあるものの2戦連続でキッチリゴール前で差し切られるレースが続いてましたが、今日は後ろから飛んでくる馬もおらず、見事に1着で勝ちきることができました。





ゴールの瞬間はちょうど結婚式でチャペルに入っている時間帯でレースを見ることが出来ませんでしたが

LINEやツイッターの通知で何となく勝ったのかな?とは思っていたものの

実際に結果を見るまではハラハラ。






その後の披露宴ではお酒が美味しかったです、完全に飲みすぎました笑。




ツイッターやLINEでコメントを下さった皆さん、ありがとうございました。

ブランメジェール出資者のみなさん、僕からも、、、

おめでとうございます(*⁰▿⁰*)




ブランメジェールが勝ち上がってくれました、次はオルファリオン・ディライトラッシュの番ですね。

全頭勝ち上がりが今年の目標

そこに向けて次に続くのはどの馬か...






13戦0勝





3頭デビューして3頭とも馬券内には来ているものの未だ勝ち星はなし。

箸にも棒にもかからない、なわけでもないのですが、なかなか勝ってくれません。




今週は2頭が出走。



両方とも19日とゆう仲の良さ。










ブランメジェール
19日中山2Rダ1200m

今回は相手云々ではなく自分のテンションとの戦い。

持ちタイムは抜けてるし、前走と条件は一緒。

落ち着いていこー。




たぶんグリッグリの人気だと思うのでおとなしく応援。



過度な期待は禁物。







ディライトラッシュ
19日阪神3Rダ1800m

前走、9着に負けてはいるものの、デビュー戦くらいは動けてる。

今回はメンツもまあまあなので勝つのは厳しいけど、先生が言うように優先出走ほ取れるくらいのレベルにはあると思います。


距離延長は絶対にプラス。

人気はないと思うので

内枠引いたら出遅れられないけど果たして...。


あまり期待はしていない。








その日はあいにく福岡に帰省。

間が悪いんだよなー。



①40口→400口→100口(地方馬)
②牡馬→牝馬


これがノルマンディーの所属馬のナンバリングのソートです。

これを見ながら現3歳馬の一覧をHPでぱぱっと見てみると明らかに前半の方が勝ち上がっている馬が多いんですが。



きっとこれは気のせいだ・・・と思いたい。




3次募集が予想に反して出てくる気配がない

楽しみはそう、1歳馬の半月に1回の更新だけ・・・・







普通はあんまりほかの馬の状況って見ないんですが

今回は興味あってじっくり読んでました




坂路調教でも上限●●秒で条件が違ってることに気づく。

一番早いペースから順に

オカダスタッド坂路17秒上限
ノルマンディー坂路18秒上限
ノルマンディー坂路20秒上限
ノルマンディー坂路22秒上限

こんな感じ。
オカダスタッドの坂路はダート850m、ノルマンディーの坂路はウッドチップ650m

傾斜とかはわかんないんでどっちがキツイかわかりません。今後行ったときに聞いてみよう。




んで、30頭が今どの辺にいるのかざっくりまとめてみると
(青:1次募集、赤2次募集、太字:出資馬 セ:セリ購入馬)

オカダスタッド坂路17秒上限

ペキノワ
ブライターデイズ(セ)
モーラ(セ)


ノルマンディー坂路18秒上限
セルヴァ
ツァイトライゼ
アージェス
ディスティニーレイ
ブリリアントリリー
ミストレスメジャー

ヴィアプラド
ギガバッケン
ジャスパーゲラン(セ)

ノルマンディー坂路20秒上限
ナイトジュレップ
アインツェルカンプ
ベルランドール
クイーンズトゥルー
ミラビリア
カシャーサ
シークエル

クグロフ(セ)
ファントムメナス(セ)
ムーンフォース(セ)
ローズパラディン
ホマレ(セ)
ペラソヴラーノ(セ)


ノルマンディー坂路22秒上限
ミラクルパレット(セ)
ラヴノット(セ)
シーデイライト(セ)

休み
ロワセレスト (セ)


とゆう感じです。

ロワセレスト、ルーラーシップ、ラピュルテ



うむ、やめよう。






今回の更新からすごーく気になりだしたジャスパーゲラン。

もともと、自分の評価を見直すと…昔の記事では割とポジティブな意見を持っていたのは筋肉質な馬体が目に止まったからだと思います。

自分でいいなーと思った馬ってダートが主戦場になる(現3歳馬は全頭ダートのレースで今走ってます)ので、おそらくこの馬もダートだと思います笑

ノルマンと相性のいいフレンチデピュティ産駒ですので面白いなー。

来月大黒ちゃんねる でおなじみの大黒さんとノルマンディーファームに見学に行ってくるのでそれまで残口があればいいんですがどうですかね。

今回の更新内容が良かっただけに一気に満口もありそう。



そのときはそのときでまぁ、自分の見る目と判断力、決断力がなかったということで。

あ、今は資金力もないですがw






初ノルマンディーファーム楽しみです。



ゆるぼ)牧場見学ついでに寄れる北海道の安くてうまい飯



【追記】

記事書いてる間にジャスパーゲランの残口が更新。3月16日時点で残り37口。
終わった感がある。



 




今週も勝ったノルマンディー

シシオウが見事休み明けの復帰戦を快勝。

血統的にはパッとしないものの活躍しちゃうのがノルマンディー。1000万円未満の馬で勝ち上がったのはこれで2頭目になりました。こーゆう馬が回収率なんかも飛び抜けていくんだろうな。

出資されてる方、おめでとうございます。



さて、もれれ厩舎の馬はと言うと・・・


●ブランメジェール
2017/3/10 (美浦トレセン)
★3/04(土)中山・3歳未勝利(ダ1200m・混)大野拓弥騎手 結果2着

「今回もスタートは速かったのですが、内から行きたい馬達が先手を主張したので、2ハロン目くらいまで我を忘れて走っていたようです。 直線では前を行く2頭を尻目に楽に抜け出してきましたが、目標にされた分だけ僅かに交わされてしまいました。それでも3着馬は離していますし、時計からもすぐに順番は回ってくると思いますが、テンションが高くなっているので、できればここで勝たせたかったところです。状態を見て、中1週となる来週3/19(日)もしくは中3週の4/2(日)中山・ダート1200m戦のいずれかに向かう予定で考えています。この条件も2回目ですし、次こそキッチリ決めたいと思います」 (高木登調教師)


獅子王に続くはじゃじゃ馬。
次は勝ってほしい。

●オルファリオン
2017/3/10 (美浦トレセン)
松風馬事センターで順調に調整され、9日(木)に帰厩しました。

「検疫が混み合っているため、予定より一週間遅れの帰厩となりましたが、だいぶリフレッシュできたようで活気十分の様子ですよ。放牧先でもだいぶ乗り込んでもらっていたので、レースまで速めを3本やれば仕上がるのではと考えています。3/26(日)中山・3歳未勝利(ダ1800m・混)を目標に進めていきます」(国枝栄調教師)
 
気長に、気楽に待つよ。


●ディライトラッシュ
2017/3/10 (栗東トレセン)
「この中間も坂路で16~18秒のキャンターをおこない、コンスタントに15秒台後半の時計を出しています。水曜か木曜のいずれかにフラットコースに入れて長めから追い切るつもりでしたが、出走当該週にゲート練習をおこない、苦しいイメージを残したまま本番を迎えるのは決して得策ではないので、今週のうちに入念にやっておきました。日曜と来週水曜日に時計になる追い切りを課し、その内容次第ですが、来週の出走を予定しています」(西園正都調教師)

工夫してもらっている様子。
メンタル面が問題。デビュー戦のように砂を被らず進められないと厳しいです。
逆にスムーズにレース進めれられれば勝機はある、はず。


38


一口馬主DBから持ってきました。勝ち上がりは8頭。さて、あと何頭勝ち上がれるか。
もうすでにサバイバルレースは始まってますね。

 


一口馬主 ブログランキングへ 


勝ちきれませんなぁ。

出資馬ブランメジェールが土曜日の中山2Rに出走。

阪神競馬場まで映像を見に行ってきました。

前走のリプレイを見ているかのようにゴール前できっちり捕らえられての2着でした。

完璧に目標にされてしましましたね。




悔しいけれどこれも競馬。




これで賞金は入ってくるのですがから馬主孝行のいい馬ということにしておきましょう。

なんとなく焦る気持ちはあるのですが、

勝ちタイムは同じ日の古馬500万条件戦より速く後続も4馬身離してるので次こそは!

上のクラスでも十分やれる可能性があるのでなんとか春先には未勝利を脱出したいところ。

課題の気性面は相変わらずですが、先行して気持ちよく進めらている現状、そこまで問題にはなっていない様子。



次が楽しみです。



で、ブランメジェールを見届けた後は、昼過ぎから仕事だったので6Rまで競馬観戦。

6Rにはノルマンディーのプラチナムバレットが出走。

DSC_1018



落ち着いてました。ある意味マイペース。



DSC_1114


DSC_1174


直線、ロスなく内から進出


DSC_1178

DSC_1179

逃げるラントシャフトを交わしに行くも外の陽気なイタリア人の馬もしぶとい。





結果、こちらも2着。

ディープ産駒にキレ負けする形となりましたが、相手は前走G1で人気していた馬。

この馬と五分に勝負できてるんでOP入りも間も無く、でしょうね。



その後は

大黒さんの競馬場観戦企画に冒頭だけ参加して

チューリップ賞のおすすめ馬をエントリーチケット!と高らかに宣言してソッコーで帰りました。









エントリーチケットは出走してたんですかね笑




とゆう感じの土曜日でしたあー。







このページのトップヘ